やばい、今日何もしてない。でも、そんな日が合ってもいいじゃない。

何もしない1日

最近、ずっと家にいるせいか

「あれ、今日何もしてなくね?」

という日がたま〜にあります。

 

そう思い始めるのはだいたい夜の8時以降な気がします。

そういう日ってなんとな〜くモヤするし、「1日無駄にしたわ〜」というどうしようもない気持ち。

少し昼寝しようかな〜と思って2時間ぐらい寝ちゃって「うわ〜もう外暗くなってるじゃん」ていう時に味わう絶望感と似たような感じです。(↑分かる人には分かると思う)

 

そういう日の僕のスケジュールはこんな感じ

何もしない日

朝10時ぐらいに遅めの起床

       ↓

朝食を食べるわけでもなくダラダラとyoutubeを見る

       ↓

何かしなきゃな〜と思いつつ12時までyoutube

       ↓

12時になったらあるもので料理をして食べる

       ↓

14時ぐらいからまたダラダラし始める
(youtubeを見たりHuluを見たりAmazonPrimeを見たり…)

       ↓

こういう日のHuluやPrimeは大体見たことあるやつを飛ばしながら見ることが多い…

       ↓

ワンピースのドフラミンゴ編のあのシーンみたいなとか・・・

       ↓

そんなこんなで17時ぐらいになる。

       ↓

そこから謎の寝落ち・・・

       ↓

19時ぐらいに起きて夕飯を食べる

       ↓

20時ぐらいからお風呂に入る

       ↓

やばい今日何もしてないじゃんって落ち込む

 

これを書いてても思ったのですがまじで何もしてないですねw

PrimeやHuluを見るのが無駄な時間だとは思わないのですが、見たことあるやつを見ちゃうときはそう思ってしまいます。

新しい作品を見ればいいのに・・・

 

そして結局何もしてないからか、まだ寝るのは早いと思って深夜の2時ぐらいまで夜ふかしをしてしまいます。

結局夜もダラダラ動画見たりするだけなんですが・・・

 

僕はこういう日が続いていたのですが、

こうして書いてみることによってちょっとスッキリしました。

そして気づいたことがあります。

 

今日こそは筋トレするぞ!

勉強するぞ!本を読むぞ!

このような自分の中の理想のスケジュールから外れてしまったときに

「なんで自分はこんな簡単なこともできないんだ・・・」

と思ってしまいどんどん自己肯定感が下がり

ネガティブになります。

 

そして、そういうネガティブモードの時って

どうしても行動が起こせないんですよね。

そうなるとダラダラ路線まっしぐらです。

 

 

でも、こういうときこそ自分を肯定してあげてください。

たとえば

午前中にダラダラとyoutubeを見て過ごしてしまった

起きたらもう12時を超えていた

こんな日もあると思います。あっても全然問題ありません。

 

今までと違うのはここからです。

午前中はゆっくり休憩できた!じゃあ午後は筋トレでもやっちゃう?

そこから少し勉強して夜は手の混んだ料理でも作っちゃおうかな!

こんな感じで午前中のだらけてしまった自分を認めてあげるだけで頭の中のネガティブ思考が一旦リセットされます。

 

「午前中はだらけてしまった。じゃあ午後から活動的になればいっか!」

こんな感じでポジティブに考えることができます。

 

午前中だらけてしまった僕も午後にこうしてブログを書いています。

このブログは見ている人もほとんどいないし、更新もほとんどできていません。

 

でも、今日こうやって更新できたということを喜びながらちょっとずつ更新しています。

 

僕もネガティブ思考なのでポジティブに考えるのは苦手です。

でも、できるだけポジティブでいよう。

自己肯定感を高くいよう。

今の自分のことを褒めてあげよう。

こういうことを意識しているだけでもポジティブモードになれる時間が増えていきます。

 

人はポジティブモードのときでないと行動できません。ポジティブじゃないと一歩前に進めませんよね。

「失敗したらどうしよう。」

「以前失敗しちゃったから今回もだめかもしれない」

こういう状態では前に進めないし、楽しくないですよね。

 

だから僕はなるべくポジティブモードでいようと決めています。

失敗してもなんとかなる。

これからどうにでもできる。

そう思いながら生きていこうと思っています。

 

 

今日を無駄にしてしまっても大丈夫。

僕達にはまだ明日があるじゃないか。

今日を無駄にしてしまったと思えただけでも幸せ。

だって、そう思えたことで明日は今日より良くなるから。

もっと楽に生きていこう。

コメントを残す